T.S.FACTORY 朧 OBORO 180F-65 SQUID#QUEEN.1 T.S.FACTORY 朧 OBORO 180F-65 SQUID#QUEEN.2 T.S.FACTORY 朧 OBORO 180F-65 SQUID#QUEEN.3 T.S.FACTORY 朧 OBORO 180F-65 SQUID#QUEEN.4 T.S.FACTORY 朧 OBORO 180F-65 SQUID#QUEEN.5 T.S.FACTORY 朧 OBORO 180F-65 SQUID#QUEEN.6 T.S.FACTORY 朧 OBORO 180F-65 SQUID#QUEEN.7 T.S.FACTORY 朧 OBORO 180F-65 #BLUE.8 20160612121908

イカ団子用カラー:OBORO SQUID!

ダイブ時には激しいスプラッシュを伴いながら潜行し 存在をアピールします。

また水中では泡をまとい左右へ不規則なダートを展開。 抜群の飛距離とあいまって、テスト段階から数々のターゲットをものにしてきました。 更にサンマ等、スピードの速いベイトのナブラ発生時にも 水面を早巻き&ロッドシェイクで逃げ惑うベイトを演出でき、 刻一刻と変わる状況にもスピーディに対応します。 ボディ形状から始まり、ウエイト位置や材質の選定など 幾度と無くトライ&エラ-を繰り返し、漸く形となりました。 ホログラムや塗装の仕上げも幾度と無く試し 均一な製品に仕上がるように心がけております。

OBOROはハンドメイドにて仕上げております。 そのため、数をまとめて仕上げることが出来ませんが、その分1本1本丁寧に塗装を重ね、丹精こめて仕上げております。
【塗装】 魚の歯やフックなどのすり跡によるボディへの浸水を防ぐには、塗装の回数を多くする事で、確実に強度は増します。しかし塗装の回数を増やせば重くなり、ルアーのアクションはキレをなくしてしまいます。OBOROは出来るだけ”高強度で美しい塗装”と”釣れるアクション”を 両立させる為、何重にもクリア塗装を行い工程ごとに手作業にて全面サンディングを行い、薄く強固な皮膜を形成するよう心がけております。 これは塗装→乾燥→サンディングと手間と時間のかかる、非常に地味な作業の繰り返しですが、少しでも永く使っていただけるよう辿りついた結果です。
 
?注意? 本体はウッド製のため、魚のかかりどころや障害物への当てキズ等で 塗装が割れたりウッド部分が破損して吸水する場合がございます。 ご理解の上ご使用くださいますようお願い申し上げます。
品名 画像 カラー
OBORO 180F-65 適合フック:オーナー社ST56-2/0 スプリットリング:強化タイプ100LBクラス 180Fブラック ?ブラック
180Fブルー ?ブルー
180Fレッド ?レッド
スクイッド ?スクイッドレッド
スクイッド ?スクイッドシルバー
OBORO 200F-85 適合フック:オーナー社ST56-3/0 スプリットリング:強化タイプ150LBクラス 200Fブラック ?ブラック
200Fブルー ?ブルー
200Fレッド ?レッド
スクイッド ?スクイッドレッド
スクイッド ?スクイッドシルバー

T.S.FACTORY 朧 OBORO 180F-65 #BLUE.9


『君子•遠征』版权所有,转载注明转自:
https://www.proshopfishing.com/t-s-factory-oboro-180f-65-squid-2.html