关于Carpenter 『γ』与『γ-H』型的差异

『ノーマルγ』 と 『γ-H タイプ』 の違いは何でしょうか?


■『ノーマルγ』 と 『γ-H シリーズ 』 の違い

1、バランスが異なります。

2、全体の重量が Hシリーズのほうが若干重いです。

3、上記の違いにより、アクションに違いがあります。

4、アクションの違いから、効果のある状況が異なります。

■Hシリーズは、どのような状況で効果があるか。

『ずばり、魚が表層に浮きにくい状況で、効果を体感しております』

ノーマルのγとHシリーズを魚の状況(活性など)で使い分けることで

キャッチ率を上げていくことが出来ると思います。

2年位前に、テスター川地氏から、沖縄南西諸島のGTゲームで10m以浅のシャローで

γ-H(プロト)ばかりヒットの連続だったとレポートをいただきました。

これは一回だけではなく、何度もこの状況に出くわしているとのことでした。

今年の伊是名島釣行でも7連続のバイトが集中したとレポートをいただきました。

これにより、γ-Hシリーズが、トカラなどのディープレンジだけでなく、

シャローレンジでも効果があることが分かりました。


ノーマルγで食わない時間帯にγ-Hシリーズで釣れているケースが多い。

γ160Hで釣れたGT56kg この時間帯は他のルアーヒットなし

下記レポート内の ”試作ルアー” と呼んでいるものが γ-Hシリーズです。


この時も、このルアーだけにヒットした。


”レポート内で ”タイプの違うガンマ” と書かれているのが、γ-Hシリーズです。

このテスト釣行で、γ-Hの最初のテストを行ったと記憶しています。


他のルアーに反応しない状況で、γ160Hのヌタヌタ引きで釣れた玄界灘のヒラマサ


活性が高くなかったこの時も、γ-Hにルアーチェンジした一流し目で釣れました。


誰も釣れない困難極める状況で、誘い出しで5匹のマグロをキャッチしました。

5匹中 4匹がγ160Hでした。もう一匹がノーマルγ120でした。


『君子•遠征』版权所有,转载注明转自:
/carpenter-gamma-gammah-fenbbie.html