F3 (エフ スリー) シリーズ


トカラ列島 実測 GT41kg F3 711/40 + BF160g プロト
クリスマス島 実測 GT44.5kg F3 711/40 + γ160H

F3 711/40 ファイトがやり易い

トカラ列島 F3 711/40 +パンドラ

F3 (エフ スリー)
~大型魚との心に残るファイト~





長年、追い求めていたGTロッドが形になりました。

パワーを持ったGTロッドは扱いが難しい・・・

しかし、大型GTを根ズレを回避して主導権を握るにはロッドにパワーが欲しい・・・

パワーはいざという時の安心感に繋がります。

開発時に悩む 二律背反。

”パワーがあり、そのパワーをアングラーが引き出しやすい”

言葉にすると簡単ですが、具現化させるには本当に難しい・・・

20年間、高負荷ドラグのファイトに於いて理想のGTロッドとは何かを追い求めてきました。

遂に形になった ”理想のファイトが出来るGTロッド”  F3

F3で ”ロッドパワーをアングラーが引き出しやすい” この快感をGTとのファイトで感じていただきたい。

また、大型魚との心に残るファイトを堪能していただきたい。

F3 名前の由来


F3は ”戦い”  ”魚”  ”力” の英語  『Fight』 『Fish』 『Force』 の3つの ”F” から由来しています。

特徴 (F3 711/40)

ロッドパワーをアングラーが引き出しやすい


GTとのファイトに於いて、攻撃と防御のバランスが極めて絶妙で、

GTとの高負荷ドラグのファイトでもロッドには安心感があり、

かつ、アングラーは安定したファイトが可能です。

ロッドのパワーをアングラーが引き出しやすく、アングラーの力が効率よくGTを上げる力に

なると感じます。

GTとの高負荷ファイトの合間にアングラーが疲れた時に、GTに負荷を掛けながらも

アングラーが少し休める感覚がある。

休んでいる感覚があるがGTに対しての負荷は抜けていない。

この部分がとても重要だと考えています。

高負荷ドラグを掛けながらのファイトで40kgクラスのGTが楽に上がるようになりました。

また、今までパワーロッドでのファイトで、GT釣りの外道で来る大型のサメとのファイトには

泣かされてきました。

F3 711/40 のロッドテストで大型サメとのファイトをして、今までに無い良いファイトが出来ました。

ルアーに対して汎用性が高い


120g~250gのγ ブルーフィッシュなどのペンシル、

120g~200gの早巻きペンシル、

120g~160gのポッパー、

150g~220gのパンドラ ゼウスのシンキングペンシルが使えます。

使用範囲のミニマムサイズは120gですが、

ルアー操作に慣れておられる方は、100gからでもご使用可能です。

F3 711/40 は、ルアーの種類に対して汎用性が高い。

また、既存の40LBと比べるとやや小型のGTルアーから使えます。

(TBL80/40も100gからのルアーのご使用も可能です)

開発者 カーペンター小西からのアドバイス


●ファイトの経験値と体力

GTとのファイトは経験値や体力で人それぞれに感じ方が異なります。

現在、8フィート前後の35LBクラスのGTロッドでもファイトがしんどく、

GTをぎりぎりの状況で上げておられる方や

GTとのファイトの経験が少なく、どのようにファイトしたらよいか分からない方は、

上記のF3 711/40 のロッドの説明が当てはまらない可能性があります。

F3 711/40 はあくまで40LBクラスのヘビーロッドです。

40LBクラスのパワーロッドとしては、F3 711/40 はとても使いやすいと思いますが、

40LBのパワーロッドは日本人の平均的な体力の方が使うことが出来る上限と考えております。

今まで40LBクラスのロッドを全く使用したことがない方、体力がない方、経験値が少ない方には

32~38LBクラスで練習して、ステップアップとして、F3 711/40 のご使用がベストと考えます。

自分にはF3 711/40 は体力的に向いていないと思っても ”挑戦” としてお使いいただく分には、

その気持ちを尊敬します。

また、体力があり、感性が鋭く、経験値が少なくても凄く上手な方が時々おられます。

そのような方には、F3 711/40 はお勧めです。

F3 711/40 の対象魚


F3 711/40 はGTをメインターゲットとして開発をしました。

F3 711/40 のメインのターゲットはGTと考えております。

しかし、ご使用ルアーの大きさなどを考慮した使い方では他の対象魚も使用が可能です。

NZ(ニュージーランド)の大型ヒラマサは100g~160gのルアーを使用する頻度が高いので

F3 711/40の使用は可能です。

国内ヒラマサは使用するルアーサイズが60g~100g位が多いので

BLC(ブルーチェイサー)シリーズがお勧めです。

国内ヒラマサでも使用ルアーが大きい場合(100g~120g以上)には使用は可能です。

マグロ狙いもルアーサイズが小さい場合が多いので、BLC(ブルーチェイサー)シリーがお勧めです。

使用ルアーが大きい場合(100g~120g以上)には使用は可能ですが、

ファイトの質がマグロとGTとは異なりますので、体力に自信がある方に向いていると考えます。

また、GTとのファイトに慣れておられる方ですと、50~60kgのマグロの

大きさまでなら

GTのようなファイトで釣り上げることが出来ますので F3

711/40 の使用は可能と考えます。
F3 711/40 スペック

全長 継数 仕舞寸法 Line
2425mm 1&H 1690mm PE #8~10
Lure wt. Max ドラグ Rod Wt. Grip Lgth
~250g 13kg 410g ※ F.G 270mm
R.G 430mm
GuideType RealSeat EndCap
オーシャンガイド
16~40mm
DPS-SD22
(DownLock)
BRC-22

※ロッド重量は最終プロトの重量を測った値です。製品とは誤差がある場合がございます。

 ※F3 711/40 適合ルアー

γ120g~250g  BF100g~BF200g(開発中) シーフロッグ(ツインフック)120g~170g(開発中)

パンドラ155+25 155+50 ゼウス150+25 150+50 etc.


『君子•遠征』版权所有,转载注明转自:
https://www.proshopfishing.com/carpenter-2016-f3-71140-custom-blue.html