carpenter 2008 AMEMONE 50-105 #RED (1)

carpenter 2008 AMEMONE 50-105 #RED (5)

carpenter 2008 AMEMONE 50-105 #RED (4)

carpenter 2008 AMEMONE 50-105 #RED (3)

carpenter 2008 AMEMONE 50-105 #RED (2)

アネモネ シリーズ

Carpenter 2005 AMEMONE 30-85 #QUEEN

■有効な条件■

AM(アネモネ)は外洋性の強いシイラに対して大変有効です。
三重沖の外洋のシイラに絶大な効果が出ています。
三重沖では多くの大型シイラがアネモネでキャッチされています。
相模湾 駿河湾でも黒潮が湾に入った時にアネモネで大型シイラがキャッチされています。

アクションは、スイミングアクションにトゥイッチを入れます。
ジグのジャカジャカ巻きのようなアクションです。
アネモネはポッパーのように見えますが、純粋なポッパーではありません。
よってポッピングアクションは難しいです。しかし、ベテランアングラーはアネモネのポッピング&
スイミングアクションで実績を上げておられます。

 


■全長 重量 比重■

※全長は後部の金属部分を含めておりません。また、設計上は基本になっている数字がございますが
表示はきりが良い数字にしております。下記の表の数字はきりが良い数字です。

※重量も同じく、設計上はきちんとした数字が基本にありますが、 フックは付けていない重量を基本に
きりが良い数字にしております。下記の表の数字はきりが良い数字です。

※同じ形状でTypeによって重量が異なるルアーもございます。

※比重の欄には、フローティング / シンキング / サスペンド と表示がされています。
サスペンドの定義は、海水の比重(約1.024) に限りなく近い状態です。
『ルアーの状態は水中にルアーが浮くでもなく、沈むでもない状態』 の事です。
しかし、カーペンターではサスペンドの状態を次の通りとさせて頂きます。
①浮力が極めて弱い状態(浮いているがほとんど浮力がない)
②とてもゆっくりと沈んでいく状態
③水中に止まった状態
通常は③の状態をサスペンドと言います。しかし、ウッド製ルアーでサスペンド状態を作る事は
大変難しいです。カーペンターではで① ② ③の状態をサスペンドとさせて頂きます。
(水温で液体の比重が変化する為、樹脂製のルアーでも厳密なサスペンド状態を作り出す事は困難です)

  全長 重量 比重
 AM50-105  105mm  50g  フローティング

 


■適合フック 適合スプリットリング■

※適合フック 適合スプリットリングは臨機応変に願います。下記が具体例

①対象魚が大きい → 針やリングを大きくする  → ルアーの動きは変わるが針やリングを伸ばされない。
②ルアーに浮力を持たせたい → 針やリングを小さくする → ルアーの浮力が確保出来る。etc.

※接続金具はルアーによって適さない物もございます。

接続金具 ※  ○ = 可 |  △ = やや可 | × = 適さない

※適合フックのF R の表示の意味は → F(フロントフック) R(リアフック)

  適合フック 適合スプリットリング 接続金具
 AM50-105 ST-66 #1 80Lb  

★フックはST-66の #1 と 1/0 を状況によって使い分けをお願いします

※仕様は改良により予告無く変更する事がございます。

 

carpenter


『君子•遠征』版权所有,转载注明转自:
/carpenter-2008-amemone-50-105-red.html