carpenter 2007 BC-γ 90-200 #5.1

carpenter 2007 BC-γ 90-200 #5.2

carpenter 2007 BC-γ 90-200 #5.3

carpenter 2007 BC-γ 90-200 #5.4

carpenter 2007 BC-γ 90-200 #5.5

carpenter 2002 BC-γ 60-180 #3.7

ライブベイト ガンマ シリーズ


Carpenter 2002 BC-γ 60-180 #3
■コンセプト■

既存のルアーでは、”捕食のスイッチ” を入れる事が出来ないターゲットに対して捕食のスイッチを
入れられる事を目的に開発しました。
国内のスレたGTに大変威力があります。また、食わす事が難しいクロマグロの実績も大です。
ブリ ヒラマサにもその効果が認められています。

■『BC-γ』 と 『GT-γ』 の違いは?■

ライブベイト γ シリーズには 『BC-γ』 と 『GT-γ』 がありますが、共に全く設計上は
同じ物です。狙いのアクションも同じです。
各サイズで狙う対象魚が異なる為に、『BC-γ』 と 『GT-γ』 と名前を変えているだけで
『BC-γ』 と 『GT-γ』 はコンセプト アクションは全く同じです。

● BCγ15-110 デビュー時の掲載記事は → こちら

● BCγ15-110H デビュー時の掲載記事は → こちら

■全長 重量 比重■

※全長は後部の金属部分を含めておりません。また、設計上は基本になっている数字がございますが
表示はきりが良い数字にしております。下記の表の数字はきりが良い数字です。

※重量も同じく、設計上はきちんとした数字が基本にありますが、 フックは付けていない重量を基本に
きりが良い数字にしております。下記の表の数字はきりが良い数字です。
設計上は、重量公差は最大でプラス マイナス 1.2gの公差の範囲です。

※同じ形状でTypeによって重量が異なるルアーもございます。

※比重の欄には、フローティング / シンキング / サスペンド と表示がされています。
サスペンドの定義は、海水の比重(約1.024) に限りなく近い状態です。
『ルアーの状態は水中にルアーが浮くでもなく、沈むでもない状態』 の事です。
しかし、カーペンターではサスペンドの状態を次の通りとさせて頂きます。
①浮力が極めて弱い状態(浮いているがほとんど浮力がない)
②とてもゆっくりと沈んでいく状態
③水中に止まった状態
通常は③の状態をサスペンドと言います。しかし、ウッド製ルアーでサスペンド状態を作る事は
大変難しいです。カーペンターではで① ② ③の状態をサスペンドとさせて頂きます。
(水温で液体の比重が変化する為、樹脂製のルアーでも厳密なサスペンド状態を作り出す事は困難です)

     モデル名 全長 重量 比重
  BC-γ15-110 110mm 約 15g フローティング
  BC-γ15-110H 110mm 約 16g フローティング
  BC-γ25-130 130mm 約 24g フローティング
  BC-γ25-130H 130mm 約 26g フローティング
  BC-γ30-140 140mm 約 30g フローティング
  BC-γ45-160 160mm 約 42g フローティング
  BC-γ60-180 180mm 約 64g フローティング
  BC-γ60-180
(ST-46フック仕様)
180mm 約 66g フローティング
  BC-γ75-190 190mm 約 73g フローティング
  BC-γ90-200 200mm 約 85g フローティング
  GT-γ105-215 215mm 約 105g フローティング
  GT-γ120-230 230mm 約 120g フローティング
  GT-γ140-240 240mm 約 140g フローティング
  GT-γ160-255 255mm 約 160g フローティング
  GT-γ160H-255 255mm 約 165g フローティング
  GT-γ200-275 SM
(ノーマルフック仕様)
275mm 約 200g フローティング
  GT-γ200-275 SM
(大型フック仕様)
約 190g フローティング
  GT-γ250ー305 305mm 約 250g フローティング
  GT-γ350-345 345mm 約 350g フローティング

 


■適合フック 適合スプリットリング■

※適合フック 適合スプリットリングは臨機応変に願います。 下記は設計推奨例

①対象魚が大きい → 針やリングを大きくする  → ルアーの動きは変わるが針やリングを伸ばされない。
②ルアーに浮力を持たせたい → 針やリングを小さくする → ルアーの浮力が確保出来る。etc.

※接続金具はルアーによって適さない物もございます。

接続金具 ※  ○ = 可 |  △ = やや可 | × = 適さない

※適合フックのF R の表示の意味は → F(フロントフック) R(リアフック)

    モデル名 適合フック重量 適合スプリットリング 接続金具
 BC-γ15-110 約 1g (1個あたり) カーペンターSR40LB ×
 BC-γ15-110H 約 1g (1個あたり) カーペンターSR40LB ×
 BC-γ25-130 約 1g (1個あたり) カーペンターSR60LB ×
 BC-γ25-130H 約 2g (1個あたり) カーペンターSR60LB ×
 BC-γ30-140 約 2g (1個あたり) カーペンターSR80LB ×
 BC-γ45-160 約 3g (1個あたり) カーペンターSR100Lb ×
 BC-γ60-180 約 5g (1個あたり) カーペンターSR150Lb ×
 BC-γ60-180
(STー46フック仕様)
約 4g (1個あたり) カーペンターSR150Lb ×
 BC-γ75-190 約 7g (1個あたり) カーペンターSR200Lb ×
 BC-γ90-200 約 7g (1個あたり) カーペンターSR200Lb ×
 GT-γ105-215 約 8g (1個あたり) カーペンターSR250Lb ×
 GT-γ120-230 約 11g (1個あたり) カーペンター
SR250Lb
×
 GT-γ140-240 約 11g (1個あたり) カーペンターSR350Lb ×
 GT-γ160-255 約 15g (1個あたり) カーペンターSR350Lb ×
 GT-γ160H-255 約 15g (1個あたり) カーペンターSR350Lb ×
 GT-γ200-275 SM
(ノーマルフック仕様)
約 15g (1個あたり) カーペンターSR350Lb ×
 GT-γ200-275 SM
(大型フック仕様)
約 20g (1個あたり) カーペンターSR350Lb ×
 GT-γ250-305 約 27g (1個あたり) カーペンターSR350Lb ×
 GT-γ350-345 約 27g (1個あたり) カーペンターSR350Lb ×

※GT-γ60には、ST-46フック仕様がございます。詳しくは こちら をご覧下さい。
※GT-γ200-275のは、ノーマルフック仕様と大型フック仕様がございます。

※仕様は改良により予告無く変更する事がございます。

carpenter


『君子•遠征』版权所有,转载注明转自:
/carpenter-2007-bc-gamma-90-200-05.html